媛西電車1200系

↑1200系(リニューアル前)

↑1200系(リニューアル後)

 

 媛西本線の四国地域全通にあわせて登場したのが特急用車両1200系だ.媛西電車初の有料特急として製造が始まった.

 

車体寸法は1000系と共通で,ドアは1両につき片開き扉1ドア(1201型は2ドア)ながらも位置を1000系に合わせることにより,ホームドアにも対応した. 座席は2列+2列のオール転換式クロスシート. 先頭車にはトイレを備え,長距離運行にも対応した.

 

 諸元は,Mc,1200(52,36.5,200kW×4,HN101),M’c,1201(44,36.2,200kW×4,HN101), M,1900(68,36.2,200kW×4,HN101), T,1700(64,27.5,HN101)である.

 

 車体はアルミ製19メートル級車体. 将来の媛西本線全通で直流区間へ運転することを前提とし,交直流両用電車として製造された.台車は1000系車両と同じくHN101採用され,制御方式なども1000系と共通. 松山側先頭車と西宮側電動車には1台ずつシングルアームパンタグラフを装備.

 

(Mc)    (T)    (M)   (M’c)

 

1200-1700-1900-1201 (2003.3)

 

1202-1701-1901-1203 (2003.5)

 

1204-1702-1902-1205 (2003.7)

 

1206-1703-1903-1207 (2003.9)

 

1208-1704-1904-1209 (2004.1)

 

1210-1705-1905-1211 (2004.3)

 

 200310,媛西本線開業からちょうど2年が経ち,ようやく四国地域が全通した. それと同時に特急の運転を開始し,運用にはすべて1200系が充当された. 四国地域全通後すぐに淡路島島内と鳴門大橋,明石海峡大橋の工事が本格的に開始し,2本が追加で製造された.

 

 2005年に媛西本線が全通すると全車が有料特急,快速特急・快速急行の運用に移り本格的に特急用車両として動き出した.2時間に1本の快速特急は6編成あってぎりぎり運用できる状態で,1編成でも1200系が故障すると1600系を臨時運用しなければいけない状態だったが,増備する資金的な余裕が無かったため2016年に2200系が製造されるまで1200系は全般検査のとき以外1日も休まずに快速特急として走った.

 

 2015,2200系の導入が決定したため,1200系は2200系と同じ座席に交換されることとなった. それと同時にトイレやデッキのリニューアルが行われ,内装はほぼ2200系と同じになった. そのほかにも行き先表示機がフルカラーLEDに交換された.

 

 デビューから15年たった今でも全車両が快速特急または快速急行として活躍している.