媛西電車1000系一次車(量産先行車)

↑1000系量産先行車(リニューアル後)

↑1000系1次車(旧塗装・リニューアル前)

↑1000系1次車(新塗装・リニューアル後)

↑1000系1次車(4両短縮編成・旧塗装)

↑1000系1次車(4両短縮・新塗装・リニューアル後)

↑1000系1次車(大規模更新車)

↑1000系2次車(旧塗装)

↑1000系2次車(新塗装)

 

媛西電気鉄道が創立し,営業開始に際して最初に新造されたのが1000系だ.量産先行車(試作車)が製造された2000年から2003年にかけて製造された媛西電車最大のグループだ.初めに製造された量産先行車は以下の2編成だ.

 

(Mc)   (M’)    (T)    (T)    (M)   (M’c)

 

1000-1500-1300-1301-1501-1001 (2000.1)

 

1002-1502-1302-1303-1503-1003 (2000.1)

 

 車体は19メートル級車体. 当時は西宮から松山までの直通運転を1000系で行う予定だったため交直流両用電車として製造された.すでに全国ではアルミ車やステンレス車が多かったが,なぜかこの2編成のみ鋼鉄製車体で製造された.台車は地下区間,山岳地域を直通運転すること,急カーブが多いことなどからHN101という媛西電車専用の台車が開発され,VVVF方式が導入された. パンタグラフは松山側先頭車と西宮側電動車にそれぞれ1台ずつ装備. 四国地域での短編成運転や,非常時の際に開放して3両単独運転ができるように,中間付属車1300型には簡易運転台が装備された.簡易運転台のため,通常の6両編成運転の場合は客席として,3両編成運転の場合は座席を折りたたみ格納された運転台を出すというもの.

 

 諸元は,Mc,1000(140,38.8,200kW×4,HN101),M’c,1001(140,38.5,200kW×4,HN101), M,1501(144,38.5,200kW×4,HN101), M’,1500(144,38.2,200kW×4,HN101), T,1300(144,30.6,HN101)である.

 

 正面デザインのヒントは京急2100系だ.地下区間を走行するため非常用扉が設置され,前照灯は前面下部,尾灯は上部と下部にあわせて4つ設置された.

 

 工事も進みこの2編成での試運転も進み,工事は順調かと思われたが工事の遅れや資金不足などから2000年秋に急遽,部分開業することが決定し,1000系は媛西本線の西宮~姫路(当時)間と西京線の西宮~宝塚市役所前間でのみ運転される通勤電車として製造することとなったが,すでに製造が始まっていた車両は量産先行車に準じた1次車の第1グループとして完成した.

 

以下が1次車第1グループだ.

 

(Mc)   (M’)    (T)    (T)    (M)   (M’c)

 

1004-1504-1304-1305-1505-1005 (2000.4)

 

1006-1506-1306-1307-1507-1007 (2000.4)

 

1008-1508-1308-1309-1509-1009 (2000.5)

 

1010-1510-1310-1311-1511-1011 (2000.5)

 

1012-1512-1312-1313-1513-1013 (2000.6)

 

1014-1514-1314-1315-1515-1015 (2000.6)

 

1016-1516-1316-1317-1517-1017 (2000.7)

 

1018-1518-1318-1319-1519-1019 (2000.7)

 

1020-1520-1320-1321-1521-1021 (2000.8)

 

1022-1522-1322-1323-1523-1023 (2000.8)

 

1024-1524-1324-1325-1525-1025 (2000.9)

 

1026-1526-1326-1327-1527-1027 (2000.9)

 

1028-1528-1328-1329-1529-1029 (2000.10)

 

1030-1530-1330-1331-1531-1031 (2000.10)

 

1032-1532-1332-1333-1533-1033 (2000.11)

 

1034-1534-1334-1335-1535-1035 (2000.11)

 

1036-1536-1336-1337-1537-1037 (2000.12)

 

1038-1538-1338-1339-1539-1039 (2000.12)

 

 そして,運行区間が定まった後に製造された車両は四国への直通運転をしない通勤電車として,直流専用電車として製造された.

 

交直流から直流専用になった以外は形状・性能に変化は無い.

 

以下がその1次車第2グループだ.

 

(Mc)   (M’)    (T)    (T)    (M)   (M’c)

 

1040-1540-1340-1341-1541-1041 (2001.1)

 

1042-1542-1342-1343-1543-1043 (2001.1)

 

1044-1544-1344-1345-1545-1045 (2001.2)

 

1046-1546-1346-1347-1547-1047 (2001.2)

 

1048-1548-1348-1349-1549-1049 (2001.3)

 

 ここまでの25編成150両が媛西電車開業と同時に運行を開始した.

 

 媛西電車の延伸工事はまだまだ続き,2002年夏に西京線開業と同時に1000系はさらに増備される. 以下が増備された車両のうち,1次車として作られた最終グループ,1次車第3グループだ.

 

(Mc)   (M’)    (T)    (T)    (M)   (M’c)

 

1050-1550-1350-1351-1551-1051 (2002.1)

 

1052-1552-1352-1353-1553-1053 (2002.1)

 

1054-1554-1354-1355-1555-1055 (2002.2)

 

1056-1556-1356-1357-1557-1057 (2002.2)

 

1058-1558-1358-1359-1559-1059 (2002.3)

 

 媛西本線は三宮以西の乗客が少なかったため,西京線延伸とともに4両編成で運行されることとなり,それ以降の1000系は4両編成となった.

 

以下が4両編成で新造された2次車だ.

 

(Mc)    (T)    (T)   (Mc)

 

1060-1360-1361-1061 (2002.3)

 

1062-1362-1363-1063 (2002.4)

 

1064-1364-1365-1065 (2002.4)

 

1066-1366-1367-1067 (2002.4)

 

1068-1368-1369-1069 (2002.5)

 

1070-1370-1371-1071 (2002.5)

 

1072-1372-1373-1073 (2002.5)

 

1074-1374-1375-1075 (2002.6)

 

1076-1376-1377-1077 (2002.6)

 

1078-1378-1379-1079 (2002.6)

 

2次車は両端の先頭車にパンタグラフを1台ずつ搭載し,中間車は2両とも付属車とし,簡易運転台は設けなかった.

 

以上40編成220両で1000系の増備は終了した.

 

ちなみに,量産先行車~1次車第1グループまでは行先表示が幕式で,2グループからはLED表示器となった.

 

 2014年から新型通勤電車2000系が導入され,さらには今後のダイヤ改正で普通電車を4両編成にする計画がすすんでいたため,1次車第3グループの5編成が4両化されることとなった.車両自体は4両化されただけで外観や性能に変化は無かった.1編成から電動車2両がそれぞれ抜かれ,抜かれた電動車は2000系に番号はそのまま編入された.

 

 2016年春,秋の大規模ダイヤ改正より普通の4連化が決定し,1000系の4連化はさらに進むこととなった. 4連化の対象となったのは1026編成~1048編成の12編成で,4連化されると同時に塗装が2000系と同様の塗り分けに変更され,色は以前より明るいパステルピンクになった.さらに簡易運転台は撤去,媛鉄西宮側の制御付属車1001型は制御電動車化され,パンタグラフも新設,行先表示はフルカラーLED式となった.

 

 4連化・大規模改造の際に余剰となった1500型と1501,24両は新型近郊電車3000系に改造されることとなり,運転台の設置や制御機器の更新,改番が行われ,1000系の面影はほとんど無くなった.

 

以下が1000系から改造された3000系である.

 

               (Mc)   (T)   (Mc)

 

1527-1526-1528 → 3002-3301-3003

 

1529-1530-1531 → 3004-3302-3005

 

1533-1532-1534 → 3006-3303-3007

 

1535-1536-1537 → 3008-3304-3009

 

1539-1538-1540 → 3010-3305-3011

 

1541-1542-1543 → 3012-3306-3013

 

1545-1544-1546 → 3014-3307-3015

 

1547-1548-1549 → 3016-3308-3017

 

 20181月からは非大規模改造車のリニューアルが始まった.すべての車両で行先表示器がフルカラーLEDに交換され,前照灯や室内灯のLED,アルミ車については塗装が4000系と同じ塗りわけ・色に変更されている.

 

 原型のまま現在に至る車両は無いものの,16年たった今も全車両が現役で走行を続けている.