媛西電車 車両紹介


媛西電車1000系一次車(量産先行車)

1000系一次車は2000年から2002年にかけて30編成180両が作られ,2001年の媛西電車開業当時から走っている代表車両です.
そのうち1000編成と1002編成は量産先行車両として鋼鉄製で他の車両と違い全体が明るい桃色と白線で塗装されているのが特徴です.
編成はMc-M’-T-T-M-Mc’となっていて基本6両で1編成ですが緊急時や代用時のため3両ずつに切り離して
運転することも可能となっていて,T車には簡易運転台が設置されています.

 

1000編成・1002編成
製造:2000年
直流専用通勤電車
鋼鉄製
ボギー車
VVVFインバーター(GTOサイリスタ素子)
屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2基/両)
シングルアーム式パンタグラフ
ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)
電車方式4M2T 6両編成
回生ブレーキ
オールロングシート車両
フルカラーLED方向表示装置
側面扉3つ/両(片面)
自動密着連結器(1000,1001,1300,1301型片面)
半永久式連結器(1000,1001,1300,1301型片面,1500,1501型)



媛西電車1000系一次車

 

1000系一次車は2000年から2002年にかけて30編成180両が作られ,2001年の媛西電車開業当時から走っている代表車両です.

 1004編成以降はアルミ車両とし、塗装を紅白逆転させた形となりました。

 編成はMc-M-T-T-M’-Mc’となっていて基本6両で1編成ですが緊急時や代用時のため3両ずつに切り離して

 運転することも可能となっていて,T車には簡易運転台が設置されています

 

製造:20002002

直流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(GTOサイリスタ素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式4M2T(2M2T) 6両編成(4両編成)

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(1000,1001,1300,1301型片面)

半永久式連結器(1000,1001,1300,1301型片面,1500,1501)



媛西電車1000系一次車(大規模改造車)

1000系一次車の登場から15年以上が経ち、老朽化が少しずつ進んでいるため、普通電車として4両編成に短縮したうえで機器を更新したのが、

1026編成~1038編成(最終的には1048編成までの合計12編成を予定)。

4両化した際に余剰となった1500形車両24両は3000系として生まれ変わる予定。

 

改造:2016~2018年(予定)

交流直流両用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式2M2T 4両編成

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(1000,1001,1300,1301型片面)

半永久式連結器(1000,1001,1300,1301型片面,1500,1501)



媛西電車1000系二次車

1000系二次車は2002年から2003年にかけて10編成40両が作られました.

外も中も1次車とほとんど変わりませんが,前面ワイパーの位置が変わり,簡易運転台がなくなりました

編成はMc-T-T-Mcとなっていて 烏丸北大路方の先頭車にもパンタグラフがつきました.

主に京阪神地域の普通電車として活躍しています。

 

製造:20022003

直流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(GTOサイリスタ素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式2M2T 4両編成

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(1060,1061,1360,1361型片面)

半永久式連結器(1060,1061,1360,1361型片面,1560,1561)



媛西電車1200系

1200系は2003年から2005年にかけて5編成20両が作られました.

媛西本線全線開業と同時にデビューし,現在も快速特急,快速急行として使われています.編成はMc-T-M-Mc’となっていてMc車にはお手洗い,洗面所がついています.座席はリクライニング式のクロスシート. 通路を挟んで2-2列となっています.塗装はアルミ車両ながら1000系一次車鋼鉄製車両同様,薄い桃色をベースに白いラインが引かれています.

座席の名称は2015年にSuper seatと決定しました.

 

製造:20032004

交流直流両用特急電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(GTOサイリスタ素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式3M1T 4両編成

回生ブレーキ

オール転換式クロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉1/(片面)  ※1201:2/(片面)

自動密着連結器(1200,1201型片面)

半永久式連結器(1200,1201型片面,1700,1900)



媛西電車1400系

1400系は2003年に2編成12両が作られました. 

1400系は全車両が先頭車となっており,2両の増結用または代走用に使用することも出来ます。そして媛西電車初めての5扉車両で,2つの扉を締め切り,床下から座席を出し,3扉車両として昼間は1000系や2000系車両と同じ運用につきます.

床下に座席を収納するため床下機器1両分が2両に分散され,実質Mc-Tcとなります.1400,1405,1406,1411以外は前面扉が中央にあるため通り抜けが可能です.

太秦線開業時に朝ラッシュの増結用2両編成6本に改編する予定です。

 

製造:2003

直流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式2M 2×3

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉5/(片面)

自動密着連結器(全車両片面)

半永久式連結器(全車両片面)



媛西電車1600系

1600系は2002年から2004年にかけて10編成20両が作られました.

近郊電車として主に四国,淡路島地区の普通,急行として活躍しています.

編成はMc-Tc. 1600編成は山中での動物遭遇対策のため試験的に空気警笛の音量が倍になっています.

車両は2扉 運転席後ろ側以外は固定クロスシートとなっています.

窓仕切りが通勤電車の約1.5倍と広めのため景色を楽しみやすいつくりに鳴っています

 

製造:20022004

交流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式1M1T 2両編成

回生ブレーキ

セミクロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉2/(片面)

自動密着連結器(全車両片面)

半永久式連結器(全車両片面)



媛西電車1800系

1800系は2001年から2002年にかけて10両が作られました.

1両両運転台車両で四国島内のみの普通電車に使用されています.

ホームドアの関係で側面扉と乗務員用扉の間隔が松山方と烏丸北大路方で違います.

長距離近郊電車のため1600系と同じくお手洗いを設置しています

多客時には数量連結して走行することも

 

製造:20012009

交流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(GTOサイリスタ素子)

屋根上搭載型セミ集中方式空調装置(冷房装置2/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(インダイレクトマウント)

電車方式1M 1両編成

回生ブレーキ

セミクロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉2/(片面)

自動密着連結器



媛西電車2000系

 

2000系は2014年から2016年にかけて11編成56両が作られました

媛西電車で初めて前面デザインが大きく変わりました

編成はMc-M’-T-T-M-Mc’となっていて基本6両で1編成ですが緊急時や代用時のため3両ずつに切り離して運転することも可能となっていて,T車には簡易運転台が設置されています.2010編成~2018編成のM車は1000系を4両化した際の車両の塗装を変更して使用しています。2000系列から窓周辺の桃色塗装の変わりにドアの色を桃色にしています。

 

製造:20142016

直流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式4M2T 6両編成

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(2000,2001,2300,2301型片面)

半永久式連結器(2000,2001,2300,2301型片面,2500,2501)



媛西電車2200系

2200系は2016年に登場した快速特急,快速急行専用車両です

ダイヤ改正で快速特急を増発したための増備という形で製造されました.編成はMc-T-T-Mc.前面デザインは2000,側面,内装はほぼ1200系と同じです。烏丸北大路方の先頭車2201は従来の座席よりも格をあげてSuper Seat+と名づけられています。塗装はアルミ車両ながら1200系車両同様,薄い桃色をベースに白いラインが引かれています

騒音対策のため試験的に床下カバーをつけて運行しています

 

製造:2016年~2017

交流直流両用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式2M2T 4両編成

回生ブレーキ

オール転換式クロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉1/(片面)   ※2201:2/(片面)

自動密着連結器(2200,2201型片面)

半永久式連結器(2200,2201型片面,2700,2701)



媛西電車3000系(量産先行車)

3000系は2016年から製造している新型近郊電車です。

2018年開業予定の今治線用車両の量産先行車両です

3両編成でセミクロスシート. 2000系では廃止された乗務員室横の小窓が復活。窓ガラスは扉窓以外はUVカットガラスを使用. 現在は西宮~松山の直通普通・特急として活躍しています。

3000編成は試作として、オール新製車としてデビュー。

3002以降の車両は4両編成化する1000系車両の中間車をリニューアル&先頭車両化して製造する予定です。

 

製造:2016

交流直流両用近郊電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式2M1T 3両編成

回生ブレーキ

セミクロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(3000,3001型片面)

半永久式連結器(3000,3001型片面,3300)



媛西電車3000系

3000系の量産車は2017年から製造がはじまりました。4両編成化した1000系の電動車1500形24両をもとに8編成24両を製造します。

現在、3002編成と3004編成の6両が運行中。

それ以降の車両は製造中です。

1000系の中間車を順番に取り除いているため、現在、1040編成が5両編成で走るという稀少な光景が見られます

 

製造:2017年~

交流直流両用近郊電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式2M1T 3両編成

回生ブレーキ

セミクロスシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(3000,3001型片面)

半永久式連結器(3000,3001型片面,3300)



媛西電車4000系

4000系は2019年開業予定の太秦線などの京阪神地域路線向けに製造予定の通勤電車です。

側面は2000系に準じているもののドアや帯の色を明るめの色に変更しました。 コーポレートマークも1000系鋼鉄車と同様の白地のモノを採用予定。 前面には非常用の青色LEDも設置など従来車両と異なる点もあります。 予備モーターや車いすスペース、弱冷車などを導入し車内サービスを向上させる予定です。

前面デザインは東京鉄道様にご協力いただきました。

 

製造:2017年~ (予定)

直流専用通勤電車

アルミニウム製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式2M2T 4両編成

回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉3/(片面)

自動密着連結器(4000,4001型片面)

半永久式連結器(4000,4001型片面,4300,4301)



媛西電車500系

500系は京都市内線(軌道線)用車両として製造された路面電車です。

烏丸北大路駅に入線するため軌間や電圧などは西京線と一緒となっています。 地下に入線するものの区間が短いため前面の非常用扉は設置されず、側面のドア窓は縦に大きくなりました。 京都市内を走行するため、媛西電車の標準車体色よりも薄めの色となっています。 京都市内線延伸時に車体塗装変更、側面行先表示器をフルカラーLEDに変更というリニューアル工事を予定しています。

 

製造:2009~2010

直流専用軌道電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式1M 1両編成

発電・回生ブレーキ

オールロングシート車両

LED方向表示装置

側面扉2/(片面)

棒連結器



媛西電車510系

510系は2018年の京都市内線延伸に向けて、500系の増備として製造される予定の車両です。

側面前面とも寸法は500系に準じていて、前面デザインと側面の色が変わりました。 側面表示器にはフルカラーLEDを採用。 ヘッドライトはLED4灯となり、安全性も確保できるようになっています。

500系に比べて騒音を15%削減しています。

前面デザインは東京鉄道様にご協力いただきました。

 

製造:2017年~ (予定)

直流専用軌道電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式1M 1両編成

発電・回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉2/(片面)

棒連結器



媛西電車520系

520系は2018年の京都市内線延伸に向けて、500系の増備として製造される予定の車両です。

側面前面とも寸法は500系に準じていて、前面デザインと側面の色が変わりました。 側面表示器にはフルカラーLEDを採用。 ヘッドライトはLED4灯となり、安全性も確保できるようになっています。

500系に比べて騒音を15%削減しています。

510系と違いヘッドライトが少し上になるため、車両下部に反射板を設置しています。

前面デザインは東京鉄道様にご協力いただきました。

 

製造:2017年 (予定)

直流専用軌道電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式1M 1両編成

発電・回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉2/(片面)

棒連結器



媛西電車530系

530系は2018年の京都市内線延伸に向けて、500系の増備として製造される予定の車両です。

側面前面とも寸法は500系に準じていて、前面デザインと側面の色が変わりました。 側面表示器にはフルカラーLEDを採用。 ヘッドライトはLED4灯となり、安全性も確保できるようになっています。

500系に比べて騒音を15%削減しています。

510系と違いヘッドライトが少し上になるため、車両下部に反射板を設置しています。

前面デザインは東京鉄道様にご協力いただきました。

 

製造:2017年~ (予定)

直流専用軌道電車

ステンレス製

ボギー車

VVVFインバーター(IGBT素子)

屋根上搭載型集中方式空調装置(冷房装置1/両)

シングルアーム式パンタグラフ

ボルスタ付き台車(ダイレクトマウント)

電車方式1M 1両編成

発電・回生ブレーキ

オールロングシート車両

フルカラーLED方向表示装置

側面扉2/(片面)

棒連結器